ブログが移転しました

▼▼▼

lo02.png

老眼鏡の選び方|度数についてやおしゃれな老眼鏡など

2011年10月20日

老眼鏡で困ること | 老眼鏡は複数あると便利?


最近よく聞く話で、老眼鏡は複数あると便利だそうです。










老眼鏡で困ることが多いケースは




■どこに置いたかわからなくなってしまう。

■見たいときに手元にない。

■踏んだりして壊してしまった。




等ですね。




老眼鏡をどこに置いたかわからなくなって

探そうとしても見えづらいのでなかなか見つからない。。。

なんてことがよくありますよね。

探している間に足元が見えなく、踏んで壊してしまったなんていうケースも聞きます。


朝、食卓で新聞を読んでリビングへ行き

ゆっくり落ち着いたところで

「あれ?老眼鏡はどこだっけ?」と考えると

食卓に置きっぱなしで取りに行くのが面倒なんてことも。



老眼鏡が必要なケースを考えてみると

読書をするとき、裁縫をするとき、キッチンで料理をするとき

新聞を見るとき、パソコンを使用するとき、等々、その都度

老眼鏡が必要なことが自宅にいるときでさえ様々あります。



ですので、必要な場所場所に老眼鏡を置いておくと

とっても便利なんですね。


昔は老眼鏡は1本数万円してましたので

複数持つことは難しかったですが、

今はそれこそ100円ショップでも売ってますし

ネットで調べれば、1,000円〜2,000円でおしゃれな老眼鏡が売ってます。


度数違いで用途に併せて複数持つことで

合わなくなった老眼鏡で一生懸命見ようとしていた

目の疲れからも解消されるかもしれませんね。



用途に合わせた老眼鏡で快適な生活を送りたいですね。


ペンダント 老眼鏡 リーディンググラス


ペンダント型のリーディンググラスも

使いたいときにすぐに使えて、便利な1本ですよね。




posted by louganish at 18:48| 老眼鏡の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




老眼鏡の最新記事はこちらから
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。